失敗しないYouTubeのチャンネル名の決め方!【具体例あり】

この記事は以下のように思っている方におすすめです。

  • ユーチューバーとしてYouTubeを始めたいけどチャンネル名が決まらない…
  • 失敗したくないからYouTubeのチャンネル名の決め方を知りたい…
  • おすすめのチャンネル名はある?

Hayato(運営者)

YouTubeのチャンネル名を決めるのって難しいですよね。
僕が初めて自分のYouTubeチャンネル名のアイディアを考えていた時は、考えれば考えるほど決められなくなって頭痛を起こしてしまった記憶があります。

この記事は、過去の自分が知りたかった内容、「もしこんな記事をあの時見つけることができたらよかったなあ」と考えながら書いた内容になっています。

では、みていきましょう!

目次

YouTubeのチャンネル名は「覚えやすい」が前提

YouTubeのチャンネル名に限らないのですが、名前は「覚えやすい」がキホン。

覚えられやすいチャンネル名の方がシェアされる確率が高まりますし、動画の再生回数を稼げます。

覚えてもらいやすいチャンネル名をつけるために、今から紹介する2つのポイントは最低限意識しましょう。


できるだけ短く

言うまでもありませんが、名前が長いと覚えづらいですよね。

YouTubeのチャンネル名はなるべく短くしましょう。

また、自分のチャンネルを紹介する時に長いとめんどくさいですし、他の人が自分のチャンネルを紹介してくれる時にちょっと申し訳ない気持ちになります。

あと、チャンネル名が長いのが原因で間違えれられて、気まずくなるということも防げます。


正直、僕が運営しているYouTubeチャンネル名である「モバイル動画クリエイターズ」は若干長め。

なるべく、チャンネル名に含まれる単語を2つ以内にすることをオススメします


英語は使ってもいいが誰もが知っている単語のみ使う

YouTubeのチャンネル名を英語にするとカッコよかったり、オシャレ感を出すことができますよね。

ただし、たくさんの人に見てもらいたいという目的があるなら、小学生でもわかるような英単語のみ使いましょう。

それが厳しそうなら、カタカナ表記にした方がいいです。

具体例

英語:Mobile Video Creators
カタカナ:モバイル動画クリエイターズ

「モバイル動画クリエイターズ」の方が断然覚えやすいですよね。

もしターゲットとなる視聴者が子どもなら、漢字も使わないことをオススメします。


YouTubeのチャンネル名の決め方|よくあるパターン

正直、YouTubeのチャンネル名は覚えやすくて、自分がそれを気に入っていれば基本的になんでもOKです。

ただ、「なんでもOK」って言われても困りますよね。

「夕飯何食べたい?」って聞いて「なんでもいいよ」って答えられるくらいに。

なので、ここではよくあるパターンを紹介していきますね!


本名・ニックネーム

まずいちばんカンタンでシンプルな方法は、本名やニックネームをそのままチャンネル名にしてしまうという方法。

具体例

本名:木下ゆうか、瀬戸弘司
ニックネーム:はじめしゃちょー、マックスむらい

これから自分自身を前面に出して活動していきたい場合にオススメ。


本名・ニックネーム+よくある単語

YouTubeでは、本名やニックネームによくある単語(TV、チャンネル、ちゃんねる)を付け加える方法も人気があります。

具体例

・HikakinTV
・カズチャンネル
・ユーチューバー 草彅チャンネル

ただし、このパターンはありきたりで特徴がないので他のチャンネルに埋もれてしまう可能性があります。


チャンネルのジャンル(テーマ)を連想させる単語+他の単語

もし、あなたが「これからどんなジャンル(テーマ)の動画を投稿していくのか」を既に決めているなら、それを連想させる単語を使いましょう。

例えば、あなたが料理の動画を投稿していこうと考えているとします。

その場合、「料理」「クッキング」「キッチン」「レシピ」「グルメ」「飯」といった料理を連想させる単語をチャンネル名に含めるのが効果的。

そういった単語と自分の名前やニックネームを組み合わせるのもいいかもしれませんね。


もしジャンル選びが終わっていないなら、以下の記事をチェックすることをオススメします。


複数の単語を組み合わせた「造語」

もし自分のチャンネルの方向性が決まっているのであれば、それに関連する2つ以上の単語を組み合わせて「造語」を作ってみるのもアリです。

具体例

・カルシウムの「カル」+ビタミンB1 の「ビー」= カルビー
・ユニーク・クロージング・ウエアハウス (UNIQUE CLOTHING WAREHOUSE) = ユニクロ


ユニークな名前

もし、「ジャンルを絞らずにいろんな動画を作りたいし、個性も前面に出していきたい」と思うなら、ユニークでセンスあるチャンネル名にしましょう。

具体例

・水溜りボンド
・すしらーめん《りく》

ユニークな名前だとインパクトがあるので、一度知ってもらえると覚えられやすいというメリットがあります。


決定前の最終チェック


ここまで読んでチャンネル名の良いアイディアが浮かんだら、最後にこれからお伝えするポイントをチェックしてみてください。

  • 他と被っていないか
  • 声に出してみて違和感がないか
  • 大切なひとに伝えても恥ずかしくないか
  • 自分で気に入っているか

他と被っていないか

他のチャンネル名や、ブログ、企業名やサービス・商品名と被っていないか検索して確かめましょう。

パクっているつもりはないのに「パクリ」だと思われるのはイヤですよね。

また、絶対というわけではないのですが、YouTube 以外でも稼ぎたくなった時のために、ドメイン名(なるべく「.com」)やSNSでその名前が利用できるかもチェックしてみましょう。

「ドメイン名」とは、インターネット上に存在するコンピューターやネットワークを識別するための名前。
ようするに、インターネット上の住所みたいものです。
よく見る例としては、「〇〇.com」とか「〇〇.jp」。
このサイトの場合、「mobilevideocreators.com」です。

たとえば、チャンネル名が「山田太郎」だったとします。

その場合、ドメイン名は「taroyamada.com」または「yamadataro.com」、

ツイッターやインスタグラムなら「@yamadataro」または「@taroyamada」で利用できるか確認してみましょう。

英語のサイトですが、Namechkというサイトを使えばカンタンにチェックできます。

実際に「taroyamada」で検索してみると、「taroyamada.com」やツイッター・インスタグラムの「@taroyamada」が誰かに使われていることがわかります。


声に出して読んでみて違和感がないか

見た目はよくても、声に出してみると発音しづらかったり、響きがよくなかったりします。

この先、誰かに自分のチャンネルを”声に出して”紹介したり、他の人が自分のチャンネルを紹介することがあるかと思います。

一度、声に出して違和感がないか確認してみましょう。


大切な人に伝えても恥ずかしくないか

自信を持って友達や家族、恋人に紹介できるチャンネル名にしましょう。

「バレたらどうしよう…」という気持ちがあると、モチベーションがなかなか上がりません。

誰に伝えても恥ずかしくない、自信を持って伝えられるチャンネル名を選びましょう。

また、将来的にチャンネルが成長したときに、他のユーチューバーや企業に紹介してもらいやすい、抵抗のない名前にすることも大切なポイントです。


自分で気に入っているか

自分のチャンネル名は自分がいちばん頻繁に見ることになります。

自分自身がそのチャンネル名を気に入っていないとモチベーションが下がってしまいます。

この先、5年、10年と長く愛せるチャンネル名を選びましょう。


あまり考えすぎないようにしよう

チャンネル名を決める時はあまり考えすぎないようにしましょう。

YouTubeのチャンネル名は後から変えることができます。(オススメはしませんが)

せっかく時間をかけて考え出したチャンネル名でも、動画を作っていくうちに「なんかしっくりこないな」とか思って変えたくなることがあります。

余談なのですが、僕自身、自分のチャンネル名の方向性が定まっていないとき「Hayato Vlogs」というチャンネル名にしていました。

「Vlog」とは、Video Blog(ビデオブログ)からつくられた造語。

チャンネル名が英語だし、「Vlog」という、当時あまり知られていない英単語を使っていました。最悪ですね(笑)


以上がYouTubeのチャンネル名の決め方の大まかなポイントです。これらのポイントに沿ってチャンネル名を決めれば大きな失敗はしないかと思います。



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のシェアはこちらから
目次
閉じる