PCなしで音楽素材サイトから動画編集アプリへ音楽を送る方法【iPhone&iPad】

この記事は、このような疑問や悩みを解決できる記事です。

  • iPhoneやiPadで動画編集をしたいけど、どうやって音楽ダウンロードサイト(ウェブサイト)から音楽をダウンロードして編集アプリで使えばいいんだろ…
  • PC(パソコン)を使わずにスマホだけでYouTube動画でよく使われている音楽素材サイト(Epidemic SoundやArtlistなど)から動画編集アプリに楽曲を送りたい…

以前、オススメの動画編集アプリと音楽素材サイト・効果音素材サイトの記事を書きました。


普段パソコンを使わない状態で、これらの記事を読むと、ある疑問が浮かんでくるかと。

それは、「どうやって音楽素材サイト・効果音素材サイトからPCを使わずに動画編集アプリに音楽を送るんだろう」という疑問。

スマホで動画編集するのに、音楽のためにわざわざパソコンを使いたくないですよね。(そもそもパソコン自体を持たないのも当たり前になってきてますよね)

今から紹介する方法ならパソコンがなくても、YouTubeオーディオライブラリやArtlistMotion ArrayEnvato Elementsといったユーチューブ動画用によく使われている音楽ダウンロードサイトからiPhoneやiPadの動画編集アプリに音楽を送ることができます。

安心してください。この方法は一切お金がかかりません。

完全無料です。

そして、この記事をしっかりと読めば、誰でもカンタンにできます。

では早速、とっておきの方法をみていきましょう!


目次

音楽素材サイトから動画編集アプリへ音楽を送るために必要な「ドロップボックス(Dropbox)」

まず、パソコンを使わずに音楽素材サイトから動画編集アプリへ音楽を送るなら必要なものがあります。

それは、「ドロップボックス(Dropbox)」


ドロップボックスとは、無料から使用できるオンラインストレージサービス(インターネット 上でファイルやドキュメントなどのデータを保管することができるサービス)です。
個人のデータをバックアップするという使い方や、ユーザー同士でデータをシェアすることができます。


無料版の「Dropbox Basic」であれば、容量は「2GB」まで利用することができます。

ドロップボックスを使ったことがないのであれば、アプリをダウンロードしてアカウントを作成しましょう。

\ 無料で使い始められる /

リンク先はDropboxの公式サイトです。


動画編集アプリは、「LumaFusion」や「KineMaster」、「iMovie」、「InShot」といったメジャーな動画編集アプリであれば音楽をインポート(取り込み)可能です。


音楽素材サイトから動画編集アプリへ音楽を送る方法

ドロップボックスのダウンロード・アカウントの作成ができたら、ブラウザアプリ(Google ChromeやSafariなど)を開いて、音楽素材サイトへいきましょう。

基本的にはどの音楽素材サイトでもOKです。

以前紹介したオススメの4つのサイトすべてでダウンロード可能であることは確認済み。


ダウンロードまでの手順はそのサイトによって違いますが、最終的には次のような同じ画面にたどり着くはずです。

パソコンであればこの画面が表示される代わりに、自動的に音楽がダウンロードされます。


音楽素材サイトからダウンロード準備までの流れ

今回は、僕がメインで使っている音楽素材サイト「Artlist」を例に使って紹介していきます。

もしArtlist以外の音楽素材サイトを使っているのであれば、上で表示した黒い画面の画像をあとでもう一度表示しますので、そこまで読み飛ばしてもOKです。


まずArtlistのサイトにいき、好きな曲を選択してカートに入れます。

好きな曲を選択
カート内

チェックアウトすると登録したメールアドレス宛てにArtlistからメールが送られてきます。

チェックアウトするとこのような画面が表示される
Artlistからのメール

そのメール内の「mp3」または「wav」をタップすると、最初にお見せした黒い画面に自動的にたどり着きます。

基本的には「mp3」を選択しておけばOK
ダウンロード画面

音楽ダウンロード画面から動画編集アプリに音楽を送信するまでの流れ

ここまでくると「ドロップボックス」の出番。ここから先は、どの音楽素材サイトでも同じ手順です。

まず、ブラウザの画面上にある「共有」ボタンをタップします。

「Safari」だと下の真ん中
「Google Chrome」だと右上

「共有」ボタンをタップすると次の画像のように、アプリのアイコンがたくさん出てくるので、一番下の段に並んでいるアプリのアイコンを画面左へ向かってスワイプしてください。   

左へ向かってスワイプ

すると右端に「その他」アイコンを見つけることができるので、そのアイコンをタップしてください。

「その他」アイコンをタップすると、アクティビティという画面が表示されますので、その下あたりにある「Save to Dropbox」という文字の右にあるスイッチをタップしてください。

タップすると、そのスイッチが緑色に変化します。

下のほうに「Save to Dropbox」がある
ここをタップしてスイッチを緑色にする(オンにする)

スイッチが緑色になったのを確認できたら、「完了」をタップしてアクティビティ画面を閉じます。

すると、画面上に「Save to Dropbox」と書かれたアイコンが表示されるので、それをタップします。

「完了」をタップしてアクティビティ画面を閉じる
「Save to Dropbox」が表示されるようになるのでタップする

すると、ダウンロードしたい楽曲のファイル名と保存先のフォルダが表示されるので、保存先を選択して「保存」をタップします。

フォルダはドロップボックスのアプリから作成することができます。

「保存」をタップするとダウンロードが始まります。

「保存先」を選択して「保存」をタップ
ダウンロードが始まる

ダウンロードが終わると保存先のフォルダにダウンロードした楽曲が保存されているのが確認できます。

ダウンロードした楽曲が保存されているのが確認できたら、そのダウンロードした楽曲をタップしてファイルを開きます。

今回保存先として選択したフォルダ内
今回ダウンロードした曲

ファイルを開いたら、右上にある「点3つ」をタップします。

すると、メニューが表示されて、そこに「エクスポート」という文字を見つけることができるので、そこをタップします。

右上にある「点3つ」をタップ
「エクスポート」をタップ

「エクスポート」をタップすると、先ほども見た「共有」ボタンが表示されますので、並んでいるアプリのアイコンを画面左へ向かってスワイプしてください。

お使いの動画編集アプリにインポート機能が備わっていれば、その動画編集アプリのアイコンを見つけることができるはずです。

左へ向かってスワイプ
動画編集アプリにインポート機能が備わっていれば、そのアプリのアイコンが表示される

お使いの動画編集アプリのアイコンを見つけることができたら、それをタップするだけで楽曲をその動画編集アプリにエクスポート(送信)することができます。

エクスポートされた楽曲は、動画編集アプリ内の「音楽が保存されているフォルダ」や「インポートされたメディアが保存されているフォルダ」に保存されます。

僕がメインで使っている動画編集アプリ「LumaFusion」であれば、「インポート済み」フォルダに楽曲が保存されます。

「インポート済み」フォルダ
「インポート済み」フォルダにダウンロードした楽曲が保存されている

動画編集アプリによっては、動画編集アプリ側からドロップボックス内の楽曲をインポート(取り込み)することも可能です)


おつかれさまでした。

これで音楽素材サイトからダウンロードした楽曲を動画編集アプリ内で自由に使えます。

ちょっと長く、めんどうだなと感じたかも知れませんが、やり方さえ覚えてしまえば一瞬で終わります。

パソコンを使うよりも断然ラクですよ。


もしまだ、以下の記事を読んでいないのであれば、ぜひチェックしてみてください。

きっとあなたに合った動画編集アプリや音楽素材サイトが見つかるはずですよ。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のシェアはこちらから
目次
閉じる