動画編集は独学で可能?未経験から仕事を得るまでになった僕の実例+オススメのサイトを公開!

この記事は以下のように悩んでいる方にオススメの記事です。

  • 動画編集って独学で学べるの?
  • 独学で動画編集を学んで仕事を得ることって可能なの?
  • スクール(学校)で学ぶほどの余裕がないから、独学で動画編集を学んで案件を獲得したいな
  • 動画編集を学習できるオススメのサイトを知りたいな

Hayato(運営者)

こんにちは、このブログの運営者、Hayatoです。

って言っても何も伝わらないので、サクッと僕の動画制作の実績を紹介しますね。

元々、海外を旅する「旅Vlogger」として活動していました。

その過程で動画制作にハマり、全て独学で動画の勉強をして、現在では海外企業から動画制作依頼が来るまでのスキルを身に付けることができました。

また、最近では制作した動画が高校の授業で活用されました。

あと、時々YouTubeの動画編集依頼が来ます。(現在、動画編集のご依頼は受け付けておりません)

以下は実際に頂いた動画編集依頼メールの一部を抜粋したものです。

※この案件はお断りさせていただきました


元々は動画に関する知識はゼロだった僕ですが、今は動画だけで生活していけるほどの収入を得ています。

なので、タイトルに入れた「動画編集は独学で可能?」に対する答えは、

はい、動画編集は独学で大丈夫です。誰でもできます。です。


そして、オススメの動画編集の独学法は、この記事で紹介する4つの学習サイトを活用することです。(無料2つ、有料2つ)

それらのサイトは、僕が未経験の状態から現在まで、独学で動画編集を学んだ時に活用したサイトです。

これらを上手く活用すれば誰でも独学で動画編集のスキルを身に付け、案件を獲得することができるようになります。


僕は決して頭が良いわけではありません。

無職になり、貧乏の引きこもりになって、”人生詰んだ”状態になっていたこともあります。

それでも、独学で動画編集のスキルを身に付けたことで立ち直ることに成功しました。

本気で動画編集を学んでいきたいなら、この記事を最後まで読むことをオススメします。

無駄なことは一切書いてありません。(他の人の時間を無駄にしたくないので)

では早速、1つ目から紹介していきますね。


目次

1. YouTube(ユーチューブ)

YouTubeのロゴ


動画編集を学ぶなら、YouTubeは王道ですね。

僕もYouTubeから動画編集を学び始めました。

今では当たり前のようになっていますが、数年前までは完全無料で動画編集をここまで学べるのは考えられせんでした。

YouTubeを活用しない手はありません。

今日中にYouTubeで「動画編集」と検索して学び始めてください。


もしかしたら「オススメのユーチューバーを教えてほしい」と思うかもしれませんが、僕のオススメは参考にならない可能性大です。

なぜなら、みんな海外のユーチューバーだから。

英語で動画を見ないといけないというデメリットはありますが、日本の方よりも圧倒的に動画の質が高いので、彼らの動画の方が参考になります。

念のため例を挙げるなら、

まずは日本語で動画編集ソフトやアプリの使い方を基礎を学んで、慣れてきたら海外のユーチューバーの動画を参考にするというのが良いかと思います。


YouTubeは無料っていうのが魅力なんですが、動画の質のバラツキが激しいのがデメリットですね。

学習効率はあまり良くありません。


2. Vimeo(ビメオ)

Vimeoのロゴ

動画プラットフォームである「Vimeo」は、YouTubeと違って、プロのクリエイターやアーティストによるクオリティの高い動画の割合が圧倒的に高め。

YouTubeでは無料で動画を投稿しまくることはできますが、Vimeoでは基本的に動画を投稿するのに料金の支払いをする必要があるため、投稿者はしっかりとした動画のみを投稿する傾向があります。(無料でも投稿は可能だが、厳しい制限あり)

投稿者の本気度が違います。

あ、動画の視聴は無料ですよ。

僕のVimeoの使い方としては、チュートリアル動画を見るというよりは、プロによる作品(動画)を見て、「あー、こんな撮影・編集の仕方があるんだ」とインスピレーションを得るのがメインの目的です。

意外とみんなYouTubeばかり見ていて、編集スタイルが被ることって結構あるんですよね。

今や動画編集を学びたい人なんて数えきれないほどいます。

その中でライバルを打ち負かして、案件を獲得していくには他人と同じことをするのではなく、ユニーク性を出していく必要があります。

Vimeoは、そのユニーク性を出す、自分のスタイルを確立する目的においては便利な動画プラットフォームだと思います。

個人的に好きな動画を2つ載せておきますね。

Vimeoのサイトは日本語対応していますので、気軽に利用できるかと思います。

トップページ上部のメニューにある「インスピレーション」と書かれたところから動画の一覧を表示することができます。


>> Vimeoの公式サイト


正直、YouTubeやVimeoだけでも動画編集のスキルをある程度まで身に付け、案件を獲得することは可能です。

でも、今から有料のサイトを2つ紹介します。

その理由は、「大幅な時間の節約」になるからです。

有料のサイトは、言うまでもなく動画のクオリティが高いです。

YouTubeでよくある内容の薄い動画に出会う確率はかなり低め。(口が悪くてすみません…)

あとYouTubeっていろんな誘惑があるから、気付いたら目的とは違う動画を見てしまっていたなんてことはよくあります。

例えば、動画編集を学ぼうとYouTubeを開いたのに、いつの間にか猫のおもしろ動画を見ていたなど。

有料サイトではその様なことは起きません。

また、有料サイトでは、コースとして体系的に動画編集を学べるため、必然的に学習効率が高くなります。

時は金なりと言いますよね。

無料だからといって時間を使いすぎてしまうよりは、ちょっと料金を支払ってしまった方がよっぽどお得ですよ。

手っ取り早く動画編集スキルを身に付けて、案件を獲得した方が良いと思います。

学習に支払った料金なんて一瞬で回収できてしまいます。(経験済み)

これは僕が動画編集を勉強し始めた時に知っておきたかったことです。

では、3つ目のサイトをみていきましょう。

3. Udemy(ユーデミー)

Udemyのトップページ

Udemyとは、約3000万人の受講生数と約10万もの講座数を誇る、世界最大級のオンライン教育プラットフォームです。

アメリカ発のサイトですが、日本企業である「ベネッセコーポレーション」が事業パートナーとなっているため、サイトが日本語に完全対応しています。

動画のジャンルにあるコース数は、現時点で約700コース。

セール中であれば、数時間のコースが1,000円台で学べたりするので結構リーズナブルですよ。

この安さがオンライン講座の魅力ですね。

同じことを従来のスクールで学ぼうとすると数万円かかってしまいます。

日本語で解説されている動画の数はまだ多いとは言えませんが、どれも価格以上のコースばかりなので、一度チェックしてみることをオススメします。

あと、30日間の返金保証があるのは魅力的ですね。


>> Udemyの公式サイト


4. Envato Tuts+ (エンバト タッツ プラス)

Envato Tuts+のトップページ

Envato Tuts+とは、主にクリエイティブな仕事(動画、デザイン、音楽、プログラミングなど)で必要なスキルを習得できる、オーストラリア発のオンライン学習サイトです。

現時点では、動画コースは1,280コース以上、電子書籍は240冊以上、ブログ記事形式のチュートリアルは約25,600記事ほど用意されています。(2020年4月現在)

無料会員の場合は受講できるコースに制限はありますが、有料級のコースが数多く用意されています。

例えば、Adobe After Effectsの動画コース8.2時間分)やPremiere Proの動画コース(3.2時間分)は誰でも無料で受講できるようになっています。

もし、Envato Tuts+を制限なく使いたい場合は「Envato Elements」に登録していれば、追加料金なしで使い放題になりますよ。

Envato Elementsとは、動画・音楽・画像・ワードプレステーマ等のデジタル素材(ロイヤリティフリー素材)を無制限で使用できるサブスクリプション型(定額型)のサービスです。


Envato Tuts+は優秀なオンライン学習サイトなのですが、唯一の欠点は、日本語に対応していないということ。

ただ、Envato Tuts+で利用できる講座は英語の字幕に加え、スクリプトが用意されている場合が多いので、それを全部コピーして、Google翻訳で一括変換という方法は可能となっています。

それでもやっぱり、英語が苦手な方にとっては少々ハードルが高いかもしれません。

気になる場合は以下の記事に目を通してみてくださいね。


「Envato Elements」については以下の記事をどうぞ。


以上の4つのサイトが、動画編集未経験だった僕が、独学で動画編集を学び、動画で生活していけるまでのスキルを身に付けるために活用したサイトです。

動画編集の仕事を獲得することは誰にでも出来ると本気で思っています。

才能は関係ないです。

やれば必ず成果は出ます。

今日からここで紹介した4つのサイトを使って動画編集を学んでくださいね。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のシェアはこちらから
目次
閉じる